アッシジの聖フランチェスコについて


Galleria ASSISI
JAPANESE    ENGLISH

●アッシジの聖フランチェスコ
(アシジの聖フランシスコ)について

ここでは13世紀に生きた 『アッシジの聖人フランチェスコ』 について簡単にその生涯を説明しております。

アッシジの聖フランチェスコ  
San Francesco d
Assisi(1181・82〜1226)  


森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、生誕」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 1182年、アッシジの裕福な毛織物商人ピエトロ・ベルナルドーネとピカ婦人に長男が誕生する。
ピエトロは商用のため留守で、子供はジョヴァンニの名で受洗する。
しかし、ピエトロは帰宅後フランチェスコ(小さなフランス人)と改名。
これはピエトロがフランス好きであったためで、ピカ婦人がアルルの女性であったことからもそれが窺い知れる。


森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、精薄の男からの尊敬」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 若者となったフランチェスコは、損得なく他人の世話を良くし、礼儀正しく親切で優しい人であったが、
物惜しみしない浪費家で見栄っ張りな散在家に成長する。陽気な性質で、盛り場で歌物語を歌ったり、
浮かれ回ったりして町の人気者であった。


森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、ペルージャの捕虜」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 19歳の時、功名心に駆られてペルージャとの戦に参加し、捕虜となって約1年間ペルージャに抑留。
1202年釈放後、重病を患いその間神について観想するも、再び騎士の栄誉に憧れ、プーリアの戦に参加。
途中スポレートで病を患い、夢の中で幻視と声を聞く。「フランチェスコ、貴方に最も多くの恵みを与えることが出来るのは主人か、召使か?」、
「フランチェスコ、家に帰りなさい。そこで貴方のなすことは知らされるでしょう」。
フランチェスコは主のみ言葉に従いアッシジの街へ帰り、教会や街外れの洞穴で祈った。 
彼の遊び仲間たちはその変わり果てた姿を目にして、彼が恋に陥ったのだと噂しだした。
フランチェスコは「私が娶ろうとしている花嫁は、どんな婦人より気高く、裕福で、美しい貴婦人です」と言ったが、
それが貴婦人清貧であることは誰にも分からなかった。


森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、サン・ダミアーノの十字架」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 街外れの壊れかけたサン・ダミアーノ教会で、祭壇に掛けられたビザンチン様式の十字架像に祈っていると「フランチェスコ、行って私の家を直しなさい。
貴方にも見て分かるように、それは今倒れかけている」との声を聞く。
彼は単純にこのサン・ダミアーノ教会の再建だと考え早速修理に取り掛かるが、それをピエトロに知られてしまう。


森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、財産放棄」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

1206年ピエトロはフランチェスコを司教館に連れて行き裁判を開くが、フランチェスコは公衆の面前で裸となり、全ての相続財産を放棄し出家。
喜んで世を捨てたフランチェスコは、2年の間修道生活を営みながら、ハンセン病者の看護や幾つかの聖堂修理に従事し、
1209年ポルズィウンコラの小教会のミサにて「金銀、銅貨を帯に入れてはならない。
旅袋や2枚の上着も、靴、杖も持ってはならない」(マタイ10.9-10)との天啓を聞き、褐色の粗服と腰に荒縄を締め、素足となった。
これ以後、彼は息を引き取る(帰天の)日までキリストの騎士として、つぎはぎだらけの粗服を身に着け、厳しい貧しさに身をさらし続けた。
フランチェスコは情熱に溢れた初期のキリスト教徒たちの素朴な教えを理想とし、
人々の中に入っては福音をわかりやすく語り、彼らの素直な信仰心を目覚めさせたのだった。

●サンタマリア・マッダレーナ礼拝堂内(旧治療院跡)


 彼の勤勉な信仰生活を見て、最初は嘲笑っていた人々も感嘆し、次第に尊敬の念をもって彼の言葉に耳傾けだした。
彼はイタリア中を歩き、親しみやすい教えは下層信徒を中心に急速に広がっていく。
清貧と愛を説くフランチェスコの素朴で慎ましやかな生活に感化され、次第に同志の者が彼の下に集まり出した。

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、財産放棄」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 1209年12人となった同志たちは、教皇インノチェンツォ(インノケンティウス)3世から教団と説教の許可を得るために、ローマへ赴いた。
「清貧・従順・貞潔」からなる極めて簡潔な3箇条からなる会則を携え、教皇との会見は三度行われた。
従来のカトリック概念とはかけ離れた教団と前代未聞の会則であったが、彼らは口頭認可を得、修道会「小さき兄弟会」(通称:フランシスコ会)が創立する。

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、聖キアラ(クララ)の入会」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

ポルズィウンコラの小教会サンタマリア・デッリ・アンジェリを根拠地として福音を述べ伝え、
1212年貴族の令嬢キアラ(ラテン名:クララ)の出家を援助指導し、貧しき貴婦人の集まり「クララ会」を創立。
キアラは以後、清貧のうちに施しによって暮らすというフランチェスコの理想を体現した。

   

●サン・ダミアーノ:聖キアラ(クララ)の小さなバラ園(左)
●ティベリオ・ダッスィスィ作 「聖キアラ(クララ)」(中)
●サン・ダミアーノ:僧院宿房・聖キアラの帰天場所

 

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、グッビオの狼」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年


 フランチェスコには全ての被造物が兄弟・姉妹であり、平等であり上下の差はなかった。
盗賊も迫害者も全て愛すべき兄弟であって、敵は唯一、人の心に潜んだ悪であった。

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、小鳥たちへの説教」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 主イエズス・キリストを十字架に架けたのもこの悪であると。
また、彼の万物に対する慈愛は、小鳥や鷹、魚、子羊、蝉、狼らにも説教を聞き従わせたほどであった。
 

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、スルタンとの会見」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 1219年第5回十字軍遠征に際して、キリスト教徒の残忍さに落胆し、只1人の兄弟を連れてサラセン人の陣営に赴き、スルタンとの会見を果たす。
スルタンは彼の言葉と行動に感動と理解を示し、領内を通過できる証の角笛を彼に送った。
聖地にて眼病を患ったが、これは悪化する一方で、帰天までには完全に失明。
 神との深い交わりから、フランチェスコの説教は数多の人々を強く惹きつけ、改心を促していった。
そのため、多くの入会者を向かえ、小さき兄弟会は管区に分けられた。
 1221年、在俗信者のために在世修道会である第三会を創立。
同年と1223年の2度にわたり会則を起草し、緩和されながらも教皇オノリオ(ホノリウス)3世により正式認可を受ける。
これ以後、フランチェスコは自身が福音の完全を実践することで、神の御旨を全うすることに心の平安を得る。

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、聖痕拝受」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 1224年ラ・ヴェルナ山上、病の激しい苦痛の中にあってキリストとの親密な一致により魂の平安と喜びを得、その印刻である聖痕を受けた。

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、被造物の賛歌」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

 アッシジに戻り、サン・ダミアーノ教会にて神への感謝と賛美である「被造物の賛歌(太陽の歌、太陽の讃歌)」をつくり、

森田貴博 「アッシジの聖フランチェスコ、帰天」アクリル・イラストボード(364x515) 2014年

1226年ポルズィウンコラの小教会近くで、詩編142(141)を歌いながら「姉妹なる死」を迎え帰天した。
 
(参考文献:「聖人たちの生涯」池田敏雄著 サンパウロ 1967年)

         
●生誕の馬小屋・祈祷所(左)
ティベリオ・ダッスィスィ作 「聖フランチェスコ」(中)●サン・ダミアーノ:聖堂内(右)

 

      
●「聖フランチェスコ像」(パドヴァ、S.アントニオ教会)ドナテッロ作 1450年(左)
●「被造物の賛歌」古写本N.338 アッシジ市立図書館(中)
 
●「聖フランチェスコ像」(シエーナ、ドゥオーモ・ピッコロミーニ祭壇)ミケランジェロ作 1504年(右)


●「聖フランソワ(フランチェスコ)」コロー作


 

アシジの聖フランシスコ教会(国内)

〔札幌教区〕
 @札幌市北十一条 A根室市大正町

〔新潟教区〕
 @糸魚川市中央

〔さいたま教区〕
 @所沢市小手指町 A群馬県富岡市富岡

〔東京教区〕
 @足立区東和 A大田区田園調布 B港区六本木

〔横浜教区〕
 @川崎市麻生区百合丘 A相模原市津久井町中野 B静岡県浜松市中区富塚町 C長野県駒ヶ根市北町
 D長野県中野市中央

〔名古屋教区〕
 @富山県小矢部市埴生

〔大阪教区〕
 @大阪市生野区田島 A堺市南区拇 B兵庫県姫路市仁豊野

〔福岡教区〕
 @熊本県山鹿市山鹿(巡回教会)

〔長崎教区〕
 @諫早市高来町神津倉

〔鹿児島教区〕
 @奄美市名瀬西仲勝

〔那覇教区〕
 @那覇市田原

・全21教会 2008年現在:(「2009年 カトリック情報ハンドブック」 カトリック中央協議会より)

☆聖フランシスコ修道会(小さき兄弟会)日本管区サイト( ofm-j) Ordine dei Frati Minori
   アッシジの聖フランチェスコについて、現代のフランシスコ会士について知ることができます。 

アッシジ、ウンブリア、アッシジの聖フランチェスコ(フランシスコ)について概略

アッシジの聖フランチェスコ(フランシスコ)について詳しく知りたい方 (アッシジの聖フランチェスコ年譜)

森田貴博油絵作品による「アッシジの聖フランチェスコ伝」

アッシジについて詳しく知りたい方 (アッシジを初めて訪れる人のために−アッシジ・ガイド)

アッシジ及び近郊(ウンブリア)のお勧め宿&店情報

アッシジのドルチェ(お菓子)について

ウンブリアの情報を知りたい方(ウンブリア州サイト)

 


ガッレリア・アッシジ
〒277-0863 千葉県柏市豊四季119-29
Tel & Fax 04-7103-8005

Email: assisi@jcom.home.ne.jp   
 http://members3.jcom.home.ne.jp/assisi/